ウーマシャンプーは効果なし?の噂について

ウーマシャンプーの評価については賛否両論あります。

 

「効果があった!」という喜びの声もある一方「効果なし」という声もあるため、本当の評価はどこにあるのか分からなくなってしまう人も少なくないでしょう。

 

成分だけを見れば、ウーマシャンプーは非常に優秀なシャンプーで、使うことによって抜け毛が減り、頭にボリュームが出てくるでしょう。

 

しかし、使ってもボリュームが増えるどころか、痒みが出たりフケが出たりする人いるらしく、こうした「効果なし」の声は2chなどの口コミサイトで投稿されています。

 

なぜ頭皮に良いウーマシャンプーを使っても「効果なし」と評価されるのか?

 

実は、低評価の意見の中には使用者の“勘違い”や“間違った認識”をしていることが多いことが判明しました。

 

特に次のような感想は、使用者が勘違いしていることが多いです。

相対的に見れば「効果なし」は少数派

そもそもウーマシャンプーを使って「効果なし」と言っている人は効果を実感した人に比べて少ないのでは?というのが個人的な印象です。

 

口コミを見ても

 

「抜け毛が減った」
「薄毛が目立たなくなった」

 

などといった髪の毛の量での悩みを改善した感想はもちろん髪質が改善された声もありました。

 

もちろん@コスメなどの口コミサイトやレビューサイトを確認すればウーマシャンプーの効果に対して否定的な意見や「効果なし」という口コミもあります。

 

ただ、相対的に数だけを見れば効果を実感した口コミの数に比べて少ないのでは?というのが調べた時に感じた印象です。

 

ウーマシャンプーはドラッグストアなどで販売されている格安のシャンプーとは違い、化学成分の使用を最小限に抑え、馬油(ウーマ)など髪の毛や頭皮に優しい天然由来の成分を多く使用しています。

 

そのため、他のシャンプーと比較しても効果を実感しやすいですし、ウーマシャンプーを使って

 

「頭皮がかゆくなった」
「フケが増えた」

 

といった副作用も起きにくいと思います。

 

人によって肌と成分の相性が悪い場合は、どうしても上記のような副作用が出る可能性があるものの、ケースとしては比較的レアな感じがするので「スカルプシャンプーを使ってみたい」と思った時にウーマシャンプーから入るのは間違っていないと思います。

ウーマシャンプーを「効果なし」と判断した具体的な根拠

先ほども説明しましたが、ウーマシャンプーは口コミを見る限り、決して粗悪なシャンプーではありませんし、高評価が多いスカルプシャンプーの1つだと思います。

 

しかしそれでも「効果なし」と思っている人は少なからず存在します。

 

では「効果なし」と感じた根拠はどこにあるのでしょうか?

 

口コミから調べてみると、次の5つが主な根拠と言えるでしょう。

 

どれだけ使っても髪の毛が増えない

 

「効果なし」という意見で最も多い根拠が「髪の毛が増えない」というものでした。

 

ウーマシャンプーは頭皮環境を整え、抜け毛を予防するためのシャンプーですが、中にはウーマシャンプーの期待値を高くしてしまった人もいるようです。

 

『抜け毛が減る=髪の毛が増える』という方程式が頭の中で無意識のうちに出来上がってしまったのでしょうが、残念ながらウーマシャンプーに“髪の毛を増やす”効果はありません。

 

これはウーマシャンプーに限らず、スカルプシャンプー全般的に言えることです。

 

そもそもスカルプシャンプーとは“頭皮環境をよくする”ことが目的であり、その効果によって抜け毛を抑えたり新しい髪の毛が生えやすくなったりします。

 

つまり、スカルプシャンプーには髪の毛を増やす直接的な働きはないのです。

 

髪の毛を増やしたいのであれば、サプリメントを飲んだり育毛剤を使ったりする必要があり、シャンプーを替えただけでは髪の毛は増えませんので誤解しないようしましょう。

 

ネットリした感じがした

 

ウーマシャンプーを使った後にネットリした印象を受ける人も多いようです。

 

確かにウーマシャンプーの使い心地に関しては、替える前のシャンプー次第ではネットリとした感じを受ける人もいるかもしれませんが、洗い終わった後もこうしたネットリ感は全くありません。

 

洗い流す際もスッキリ流れてくれますし、洗い終わった指さわりも気持ちいい・・・と言う声が多いです。

 

ウーマシャンプーは皮脂を必要以上に取らずに保湿を保ってくれるので、他のウーマシャンプーに比べてしっとりした感じに仕上がりますが、ひとによってはそれが“ネットリ”と感じるのかもしれません。

 

もしくは洗髪後にきちんと洗い流せていないか。

 

シャンプーで洗った後すすぎは誰もがすると思うのですが、そのすすぎが実は“足りない”人が多かったりします。

 

いかにウーマシャンプーが優れたスカルプシャンプーであったとしても、すすぎをしっかりしなかったらシャンプーの洗い残しが頭皮に残ってしまいますよね?

 

それが原因で髪質がねっとりと感じるかもしれません。

 

意外とシャンプーの泡は頭皮などに残りやすいので気持ち入念にすすぎをするよう心がけるとねっとりした感じを受けづらくなると思いますよ。

 

頭皮がべたつく

 

ウーマシャンプーを使った後に「頭皮がべた付く」という声もいくつか挙がっています。

 

これは、ウーマシャンプーが他のスカルプシャンプーと比べて皮脂を取らないような仕組みになっているため、「ちゃんと取れてないのでは?」という感覚から来ているものと考えられます。

 

確かに皮脂は毛穴を詰まらせる原因の1つではありますが、実は取りすぎるのも問題で、あまりに皮脂を取りすぎるとそれが原因で抜け毛の促進につながります。

 

また、洗った直後は頭皮がべた付いても朝になれば皮脂の分泌量が低下するため「サラサラになった」という感想もあります。

 

特に他のスカルプシャンプーを使ってウーマシャンプーに乗り換えた人に、こうした感想を持つ人が多いと思いますが、実はこのくらいの状態が頭皮にとってはベストなのです。

 

慣れてくればそこまで気にはならないと思いますが、頭皮がべた付くだけでなくフケが出てきたり抜け毛がかえって増えたりするようであれば、ウーマシャンプーの成分のいずれかが肌に合っていない可能性もあるので、一度お医者さんに診察してもらったほうがいいかもしれません。

 

頭皮の臭いが気になる

 

ウーマシャンプーを使ってから「頭皮の臭いが気になる」という声もありました。

 

これは、ウーマシャンプーは他のシャンプーと比べて臭いがほとんどないため、頭皮の臭いが目立つようになったのであり、間違ってもウーマシャンプーそのものの臭いではありません。

 

つまり、ウーマシャンプーを使ってから頭皮の臭いが気になったということは、それだけ頭皮環境が悪かったということ。

 

しばらく臭いは気になるかもしれませんが、そのままウーマシャンプーを使い続ければ頭皮環境が改善されて臭いも消えていきますので、最初だけ我慢するようにしましょう。

 

また、頭皮環境が悪かったということは洗い方が間違っている可能性も捨てきれません。

 

こちらで正しい洗い方を紹介していますので、ぜひ実践してみて下さい。

 

メントールが含まれている

 

メントールとは、軽い咽頭炎や口・喉の弱い炎症を短期間軽減する大衆薬に含まれるもので、ウーマシャンプーにも少量ですが含まれています。

 

しかし、人によってはこのメントールが含まれていることによって「痒みが出る」と主張しているのです。

 

確かにメントールは植物由来の成分ではないため、人によっては敬遠しがちかもしれませんが、そもそもメントールには痒みが起こる副作用はありません。

 

つまり、痒みが出たのはメントール以外の理由だと言うことになります。

 

人によって肌の強さは異なりますし、場合によっては諸靴物由来であっても肌に合わず痒みが出たりフケが発生する可能性は残念ながらゼロではありません。

 

ただ、こうした副作用が全てメントールのせいではないのは確か。

 

しかも入っているのはごく少量ですので、これが原因でかゆみがでる可能性はほぼないと言っていいでしょう。

 

万が一ウーマシャンプーを使って違和感を覚えるようなら、一度医者に相談したほうが良いでしょう。

 

効果を実感できないのには理由がある

いかがでしたでしょうか?

 

確かに人によっては痒みが出たり効果に満足できなかったりすることもあります・・・が、間違った情報や認識のまま使って「効果なし」と判断するのは非常にもったいないと思います。

 

確かに口コミを見るだけでは「効果なし」と言っている人もいます。

 

ですが「なぜそう感じたのか?」を調べてみると、ウーマシャンプーが悪いわけではなく、使い方(洗髪法)やその人の肌の相性など色々な原因があります。

 

つまり、必ずしもウーマシャンプーが悪いわけではない・・・ということ。

 

冒頭でも言いましたが、ウーマシャンプーは非常に優れたシャンプーだと思いますので、「効果なし」の口コミを鵜呑みにするのではなく、実際に使ってから効果があるかないかを判断するのが最も正しい評価が分かるのではないでしょうか。

 

 

 

 

>>ウーマシャンプー