育毛のためのウーマシャンプーを使った洗髪法

ウーマシャンプーを使って育毛するためには、正しい洗髪法で洗うことが絶対条件です。

 

いかにウーマシャンプーがスカルプシャンプーの中で優れていたとしても、洗髪法が間違っていれば育毛効果や抜け毛予防の効果は半減してしまいます。

 

そうならないためにも、これを機会に正しい洗髪法を身につけて、頭皮に優しい洗い方を心掛けてください。

 

そうすることで、頭の悩みは時間と共に小さくなっていくでしょう。

予洗い

 

まずシャンプーを使って洗う前に頭皮や髪についている汚れなどをあら流す「予洗い」をすること。

 

ポイントはただ髪の毛を濡らすだけではなくて、“洗い流す”という点で、これを1分やるだけで、頭皮への影響は少なくなります。

 

おそらく多くの人が取り組んでいないと思いますので、早速やってみてください。

 

 

洗髪

 

予洗いが終わったら、いよいよシャンプーをつけて洗髪していきます。

 

この時、シャンプーの量は1回につき500円玉程度で十分です。(髪が長い人は量を増やしてもいいですし、二度洗いしてもかまいません。)

 

そして、最大のポイントは髪の毛を洗うのではなく「頭皮」を洗うこと。

 

1分〜1分半くらい指を立てずにマッサージしながら洗うようにするのがポイントです。

 

またフケがひどい場合は、1回のシャンプーで皮脂が取り過ぎている証拠なので、シャンプーの量を減らしたり洗髪の回数を2日に1回にするなどといった工夫をするといいでしょう。

 

 

すすぎ

 

洗髪したら頭についたシャンプーを洗い落とします。

 

この時「泡さえ落とせばいい」という感じでやるのではなく、1分半以上時間をかけてしっかりと洗い流すよう心掛けること。

 

これをするかしないかだけでも、頭皮環境は大きく変わりますので、これでもか!というくらい丁寧に洗い流すようにしまそう。

 

 

乾燥

 

最後に洗い終わった頭皮を乾かすのですが、ゴシゴシ服のではなく、髪の毛の根元を抑えるイメージで優しく拭くのがポイント。

 

また、ドライヤーを使い場合は、あまり頭皮に近づけずに使うようにしましょう。

 

ベストは自然乾燥ですが、濡れたまま寝るとかえって頭皮環境が悪くなってしまいますので、洗髪から終身までの時間をあえて空けるか、きちんと乾かしてから寝るようにしてください。

 

 

 

以上4つのポイントを守って洗髪すれば、正常な頭皮環境にすることができ、それによって抜け毛が減り、髪の毛が育ちやすくなります。

 

「ウーマシャンプーは効果なし」は実はウソ?」でも言及していますが、残念ながらウーマシャンプーを使っても髪の毛は増えてきません。

 

しかしこうした頭皮環境を整えることによって、今ある髪の毛の寿命を延ばすことができるため、この機会に洗髪の仕方を振り返って改善してみてください。

 

 

 

>>ウーマシャンプーの効果をチェックする