ウーマシャンプーは皮膚炎にも効果があるの?

ウーマシャンプーはスカルプシャンプーの中でも比較的評判が高いシャンプーです。

 

スカルプシャンプーといえば

 

「抜け毛を減らす」
「薄毛を解消する」

 

ためのシャンプーであり、実際に使っている人の多くは薄毛や抜け毛の悩みを持っているでしょう。

 

しかし薄毛や抜け毛以外にもウーマシャンプーを使うことで解消される頭皮トラブルがあります。

 

それが「皮膚炎」です。

 

皮膚炎は体のいたるところに発症する肌トラブルの1つですが、当然頭皮も“皮膚”ですから炎症を起こることはあります。

 

しかも頭皮は他の皮膚とは少し違いますし、ケアしようにも髪の毛があるため、従来の皮膚炎治療がしにくいのが現状。

 

しかしウーマシャンプーを使えば皮膚炎対策も可能となります。

頭皮が皮膚炎を発症するケース

皮膚炎とは正しくは「脂漏性皮膚炎」と呼び、思春期を境に30代から40代にかけて発症しやすい肌の病気です。

 

皮膚炎は頭皮だけでなく、胸、背中、脚の付け根などでも発症し、周囲に脂っぽい皮膚のはがれたものがこびりついた赤い斑点みたいなものが出てくることがあります。

 

もちろん頭皮にも発症し、初期状態であれば大きなフケができたりする程度ですが、ひどくなるとかゆみや炎症などが発症し、最終的に頭皮がフケだまりになって硬い皮で覆われます。

 

頭皮が硬くなれば新しい髪の毛が生えにくくなるため、薄毛になりやすくなります。

 

ではなぜ皮膚炎が発症するのか?

 

主な原因としては皮脂の過剰分泌に夜マラセチア菌の異常繁殖です。

 

マラセチア菌は皮脂を好む真菌で、正常な状態でも頭皮に存在するのですが、過剰に皮脂が分泌されると、それに比例してマラセチア菌の繁殖も活発になり、炎症を起こす引き金になります。

 

皮脂の過剰分泌は男性ホルモンが分泌を促進しているため、皮膚炎に悩んでいる人の多くは男性ですが、女性でも生活習慣が乱れたりストレスが溜まってホルモンバランスが乱れると皮脂分泌が盛んになって皮膚炎になる可能性があります。

 

乾燥していても皮膚炎になる

 

皮脂が過剰分泌されるということは、皮膚が乾燥させれば・・・と考える人も少なくないですが、実は乾燥していても皮膚炎になる可能性はあります。

 

事実アトピーをお持ちの方で皮膚炎を併発している人もいます。

 

むしろ皮膚炎になった状態で肌を乾燥させてしまうと、刺激に敏感になってしまうためかゆみをより感じやすくなったり炎症がひどくなったりもします。

 

あまりにかゆみがひどかったり炎症がひどい場合は自分で判断せず医者に診てもらったほうがいいでしょう。

ウーマシャンプーが皮膚炎にも効果があるワケ

発症すればフケが多くなったりひどくなるとかゆみがひどくなったりする皮膚炎ですが、残念ながら放っておいて自然に治るわけではありません。

 

皮膚炎になってしまったのであればきちんとした対策をとる必要があります。

 

その方法の1つが「ウーマシャンプーを使う」です。

 

ウーマシャンプーが皮膚炎対策の効果を期待されるのは、商品の名前の由来にもなっている「馬油」が要因です。

 

ウーマシャンプーの成分を解析してみた」でも言及していますが、元々馬油は、やけどやひび割れといった民間治療薬として使用されてきました。

 

さらに馬油には優れた浸透力も備わっており、これによって肌の保湿効果が期待されたり、高い抗菌作用や殺菌力をもっています。

 

そのため、皮膚炎の原因である真菌の繁殖を抑制することができるのです。

 

このように、皮膚炎に効果が期待できる馬油が含まれていることから、ウーマシャンプーは「皮膚炎にも効果がある」と言われているのです。

 

具体的に馬油の効果としては

 

・抗酸化&殺菌
・炎症の防止&予防
・保湿、保温

 

などがあり、これらの働きによって頭皮にできた皮膚炎を抑制できるのです。

 

このように、皮膚炎に効果が期待できる馬油が含まれていることから、ウーマシャンプーは「皮膚炎にも効果がある」と言われているのです。

 

さらに、完治しても再び皮膚炎にならないよう予防する効果もウーマシャンプーにはあるため、皮膚炎が治っても使い続けることをお勧めします。

 

ウーマシャンプーを使っても皮膚炎が治らない可能性はあるのか?

 

成分とその働きだけを見ればウーマシャンプーを使うことで皮膚炎の悩みを解消することができます・・・が、絶対に解消できるわけではありません。

 

特に皮膚炎の進行が思った以上にひどいとウーマシャンプーの働きだけでは抑制できない場合があるので、ウーマシャンプーを使ってもイマイチ効果が実感できない場合は病院に行って診察を受けたほうが良いでしょう。

 

また、ウーマシャンプーを使ってもかゆみやフケが止まらない原因は頭の洗い方が問題の可能性も捨てきれません。

 

実はウーマシャンプーを使って効果を実感できていない人の中には洗い方が間違っている人が多少なりとも存在します。

 

ウーマシャンプーがどれだけ優秀なシャンプーであっても洗い方が間違っていると成分の効果がしっかり働かず、効果が実感できません。

 

正しい洗髪法についてはウーマシャンプーで育毛するための正しい洗髪法を参考にして正しく洗いましょう。

 

万が一ウーマシャンプーを使って異変を感じたら?

 

ウーマシャンプーには、副作用や頭皮に悪影響を及ぼす可能性がある成分は一切入っていないので、誰でも安心して使うことができるスカルプシャンプーです。

 

ただし、人によっては肌に合わなかったなどの理由で、頭皮がかゆくなったりフケが大量に出ることもあるかもしれません。

 

そうなった時はすぐに使うのをやめましょう。

 

ウーマシャンプーには返金保証があり、商品が手元に届いてから30日以内であれば使用してしまったものでも全額返金してもらえるサポートがあります。(詳細は「ウーマシャンプーについている返金保証について」にて説明しています。)

ウーマシャンプー以外の皮膚炎対策

先ほども説明した様に、ウーマシャンプーには皮膚炎を改善する働きがあり、使うことで皮膚炎を抑えたり予防の効果が期待できます。

 

しかし、ウーマシャンプーを使うだけでは皮膚炎の悩みからすぐに解放されないでしょう。

 

ウーマシャンプーを使うことによって皮膚炎対策をすることができるものの、ウーマシャンプーに依存しているだけでは、完治するのに時間がかかってしまいます。

 

だからこそ、普段の生活の中で肌ケアをしていく必要があるのです。

 

特に生活習慣は見直す必要があるかと。

 

先述しましたが皮膚炎になる原因の1つとして生活習慣の乱れがあります。

 

例えば

 

・睡眠不足
・偏った食生活
・運動不足

 

など、健康に良くない行動は頭皮にも悪影響を及ぼしかねませんので、日ごろの生活習慣を見直し、改善できるところは少しずつ改善すると皮膚炎の治りも少しは早まります。

 

また、普段の生活でかかるストレスも上手に発散することも忘れずに。

 

現代社会においてストレスフリーの生活を送るのはとても難しいですが、だからといってそのまま溜め込んでしまうと体にも頭皮にも良くありません。

 

ストレスを上手に発散することで皮脂の過剰分泌が抑えられて皮膚炎になりにくくなりますので、あまり溜め込まずたまには発散するようにしましょう。

 

この

 

生活習慣の改善
ストレス発散

 

は皮膚炎にも頭皮にも直接効果があるわけではないですが、体のバイオリズムを正常にすることで皮脂の分泌が正常になり、皮膚炎になる可能性の低下につながりますので、ウーマシャンプーを使いつつ少しずつ改善していってみてください。

頭皮のトラブルにはウーマシャンプーがベスト

そもそもスカルプシャンプーは頭皮環境を良くして抜け毛や薄毛を抑えるために開発されたシャンプーですが、ウーマシャンプーはその中でも様々な働きをしてくれるスカルプシャンプーの1つです。

 

もちろん「毎日使い続ける」ことが必須ではあるものの、お風呂に入って洗髪するだけですから多くの人が習慣にしているのでそこまで難しいことではないはず。

 

また価格についても市販のシャンプーに比べて割高ではありますが

 

通常価格より割安で買えるプラン
30日間の全額返金保証

 

などお買い得に買える方法がいくつかありますので、それらを利用すれば財布の負担を減らせると思います。

 

もちろん抜け毛や薄毛対策にも効果がありますし、口コミなどでは多くの人がウーマシャンプーの効果を実感されています。

 

ウーマシャンプーの具体的な効果や口コミについては下記サイトで紹介していますので、興味がありましたら一度チェックしてみてください。

 

 

 

>>ウーマシャンプーの効果