ウーマシャンプーの円形脱毛症に及ぼす影響

抜け毛が気になる・・・という悩みを解消するための手段として利用されているウーマシャンプー。

 

頭皮の環境を整えることによって抜け毛の量を抑え、ハゲるのを抑制するために使われていますがでは「円形脱毛症」にも効果があるのでしょうか?

 

ここでは円形脱毛症ができる仕組みとともにウーマシャンプーが円形脱毛症にどんな効果があるのかを調べた結果をまとめてみました。

円形脱毛症になるワケ

髪の毛が薄くなる原因はいろいろ言われており、遺伝や生活習慣も薄毛になる原因と言われています。

 

しかし円形脱毛症に限っては、ストレスが大きな原因と言われており、仕事や人間関係などで行き詰ったりすると、できやすい頭皮トラブルの1つです。

 

円形脱毛症になる主な原因はやはり「ストレス」です。

 

具体的には、ストレスによって毛細血管が縮み、栄養が毛乳頭まで届かなくなってくのですが、そうした部分が広がっていくと、その部分だけ髪の毛が薄くなり、円形脱毛症となるわけです。

 

それ以外にも次のようなことが原因として挙げられます。

 

 

原因1.自己免疫疾患

 

自己免疫疾患とは、外部から入ってきた菌などをやっつけてくれる免疫機能に異常が発生し、体の一部を「異物」として攻撃してしまう病気のことを指します。

 

つまり、一部の毛根が免疫機能に攻撃されることによって死滅し、それによって円形脱毛症ができるわけです。

 

こうした自己免疫疾患がなぜ起こるのか?については、まだ明らかになっていません。

 

原因2.アトピー

 

実は円形脱毛症に悩んでいる人の40%以上がアトピー要因を持っていると言われています。

 

また、自分がアトピーを持っていなくても家族の誰か(特に親のどちらか)がアトピーを持っていても円形脱毛症になる可能性があるほど、アトピーと円形脱毛症には深い関係があります。

 

原因3.遺伝

 

中国で行われた調査によると、円形脱毛症患者で同じ病気を抱えている家族がいる人は8.4%いたという報告が上がっています。

 

しかも親等が近ければ近いほど発症率が高いことも報告されており、これによって円形脱毛症には遺伝的な要因がある可能性があることが最近の研究から明らかになりました。

 

原因4:女性ホルモン値の変化

 

女性で出産後に円形脱毛症になる人は、女性ホルモンの減少が原因と言われています。

 

女性は妊娠している時は通常の100倍以上の女性ホルモンが分泌されているのですが、出産することによって一気に正常値まで下がり、その変化によって抜け毛が増えたり円形脱毛症になったりします。

 

ただし、出産が落ち着くと抜け毛も減っていき、自然と解消されることが多いです。

 

 

こうしたことを防ぐためには、ストレスを発散するのと同時に、食事などにも気を付けて頭皮に栄養を届けるよう心がけることが大切です。

 

 

 

円形脱毛症にもウーマシャンプーは効く

社会に出れば、ストレスがゼロの人などまずいません。

 

そのため、円形脱毛症は誰でもなる可能性がある頭皮トラブルですし、できてしまっても早急に対応することですぐにまた髪の毛が生えてくるようになります。

 

その手段の1つがウーマシャンプーです。

 

ウーマシャンプーにはαリノレン酸と呼ばれる成分が含まれており、これが毛乳頭を元気にしてくれる働きがあります。

 

また、ウーマシャンプーを使うことによって頭皮が柔らかくなり、それによって髪の毛が栄養を吸い取りやすくなったりもします。

 

もちろん、これらの効果は使ってすぐ出るものではないため、ある程度使い続ける必要はあります。

 

でも使い続ければ、何もしないよりも早く円形脱毛症が解消されますので、気になる人は一度使ってみてはいかがでしょう。

 

 

>>ウーマシャンプーの効果をチェックする