ウーマシャンプーが頭皮に及ぼす影響

人の頭皮は基本的に白なのですが、中には赤みを帯びている人もいます。

 

実は頭皮が赤みを帯びているのは、その人の肌質どうこうの問題ではなく、正常な状態ではなく、そのまま放っておくと抜け毛が増えたりフケが増えたりします。

 

そのため、頭皮が赤いのであれば早急になんらかの対策をしないといけません。

 

現在、シャンプーも色々な種類や効果が期待できるものが増えてきましたが、頭皮環境を良くするためのシャンプーとして「ウーマシャンプー」があります。

 

そこで

 

なぜ頭皮が赤みをおびているのか?
どうやったら赤みを引かせられるのか?
ウーマシャンプーを使うとどうなるのか?

 

そのあたりを詳しく調べてみました。

頭皮が赤みを帯びるワケ

冒頭でも言いましたが本来人の頭皮は白くなっています。

 

これは他の皮膚とは異なり太陽の光を髪の毛によって受けにくくなっているため、白いままになっているわけですが、人によっては頭皮が赤くなっている人もいます。

 

もちろん赤みを帯びている状態は頭皮が“異常”になっていることを示しています。

 

ではなぜ頭皮が赤くなるのでしょうか?

 

原因としては次のようなことが考えられます。

 

肌に合っていないシャンプーを使っている

 

洗髪する際にシャンプーを使用すると思いますが、使っているシャンプーの成分と自分の肌(頭皮)があっていないと頭皮は赤くなり、場合によってはフケがでたりかゆくなったりします。

 

特に市販で売られているシャンプーは洗浄力が強すぎるため、肌が弱い人が使うとすぐ赤くなってしまいますし、肌に優しいと言われているアミノ酸系のシャンプーでも、場合によっては赤くなる人もいると思います。

 

頭の洗い方が悪い

 

本人の自覚はないものの実は結構多い原因の1つが洗髪方法の悪さです。

 

頭皮や髪の毛はただシャンプーをつけて洗えばいいわけではないですし、力を入れてゴシゴシ洗えば汚れが取れるものでもありません。

 

むしろ力を入れて洗えば洗うほど頭皮がダメージを受けてしまい、余計赤みがひどくなる危険性だってあります。

 

皮脂の過剰分泌

 

ストレスを溜め込んだり偏った食生活を続けていると頭皮の皮脂が過剰に分泌し、それが炎症につながって頭皮が赤くなります。

 

元々頭皮は紫外線から守るために皮脂を分泌するのですが、皮脂の分泌が多くなりすぎると皮脂が酸化して過酸化脂質に変わります。

 

これが炎症を起こし、頭皮が赤みを帯びてしまう・・・というわけです。

 

紫外線によって炎症が起こる

 

紫外線は頭皮にとって大敵で、紫外線を浴びると頭皮が刺激を受けて炎症を起こります。

 

紫外線によって炎症を起こさないように、頭皮は皮脂を分泌するのですが、1.で話したような

 

頭の洗い方が悪い
洗浄力の強いシャンプーを使っている

 

などが原因で皮脂に分泌が少なくなると紫外線の刺激を受けて頭皮が赤くなってしまいます。

 

特に夏は紫外線が強くなる時期ですので、帽子をかぶらずに長時間外にいると紫外線を受けすぎて頭皮の赤みがしばらく取れなくなる可能性もでてくるでしょう。

 

頭皮が赤みを帯びるとどうなるのか?

 

頭皮は他の体の部位とは違い、血流が悪いため正常の状態であれば白いままで他の体の部位と違って体温や感情などで赤くなることはありません。

 

そんな頭皮が赤くなるとどうなるのか?

 

まず頭皮が硬くなって炎症を引き起こします。

 

延焼が起これば頭皮がかゆくなるため、ついついかきむしってしまいがちですが、頭皮をかきむしることによって頭皮に傷がつき、その傷を治そうと新陳代謝が高まって皮脂の分泌が促進され、フケが出ます。

 

フケが多い人の中で頭皮が赤い人もいるのは上記のようなサイクルが起こっているからです。

 

さらにフケが出ればさらにかゆくなってかきむしり・・・と負のサイクルに入ってしまい、最終的には抜け毛につながります。

 

つまり、頭皮の赤みを放置しておくと薄毛の原因にもなりかねないのです。

ウーマシャンプーは頭皮の赤みを抑えられるのか?

先ほども言いましたが、頭皮が赤くなるのは炎症や湿疹を起こしているからであり、これらを抑えることができれば、自然と赤みは消えていきます。

 

そのため、頭皮にやさしく、なおかつ殺菌作用が高いシャンプーを使うのが良いとされているのですが、その中でもウーマシャンプーは頭皮の赤みを抑えるのにお勧めと言われています。

 

その理由は「ウーマシャンプーの成分を解析してみた」でも紹介しているように、馬油をはじめとした抗炎症作用に効果的な成分が含まれているから。

 

この効果によって炎症している頭皮を沈め、頭皮を正常な状態に保ってくれる効果が期待できるのです。

 

人によって肌質によって効果の実感度合いが異なるため、使った人全員が必ず赤みが抑えられる保証はありませんが、多くの人が実感されているので、試してみる価値はあると思います。

 

ウーマシャンプーを使って赤みがひどくならないのか?

 

肌が敏感な人の中にはあれこれシャンプーを替えながら

 

「これは大丈夫」
「このシャンプーは合わない」

 

と自分の肌に合うシャンプーを探している人もいると思います。

 

では、ウーマシャンプーは敏感肌な人にも使うことができるか・・・ですが、おそらくよほどのことがない限り大丈夫だと思います。

 

なぜなら、ウーマシャンプーに含まれている成分は全て天然由来のものばかりで、添加物など炎症を起こすリスクのある化合物は一切含まれていないからです。

 

もちろん人によってはアレルギーなどで天然成分でも頭皮が荒れたりかゆくなったりする人もいるでしょう。

 

しかし、単純な確率で言えばそういう人はごくわずかですし、口コミなどでも

 

「かゆくなった」
「フケが増えた」

 

といった口コミはあまり見られませんでした。

 

ですので、そこまで不安に感じることはないかな〜というのが率直な意見です。

 

ウーマシャンプーを使っても赤みが消えない原因

 

成分だけを見ればウーマシャンプーを使って洗えば頭皮の赤みは引いていくでしょうし、実際に口コミでも効果を実感された声は多数挙がっていました。

 

ただ、一部には

 

「使ったら頭がかゆくなった」

 

という悪化した声もちらほらありました。

 

主な原因としては

 

成分が肌に合わなかった
そもそも洗髪方法が間違っている

 

のどちらかの可能性が高いです。

 

特に洗髪方法についてはついついゴシゴシ力を入れて洗ってしまったり汚れを落とそうと爪を立てて洗いがちですが、本来はしっかり泡をたててマッサージするように洗うのが基本です。(詳細はこちら

 

どれだけウーマシャンプーが良質なシャンプーでも洗い方を間違えば正しい効果を実感することはできませんから、使う前におさらいとして洗髪方法を確認するといいでしょう。

頭皮の赤みを抑えたいならウーマシャンプーはお勧め

肌に優しいアミノ酸系のシャンプーであれば、頭皮の赤みを抑え、かゆみやフケが出ないようにすることは可能です。

 

ただし、一言でアミノ酸系のシャンプーと言っても色々あります。

 

中には洗浄力の高い成分が含まれているアミノ酸系のシャンプーもありますが、一般の人が成分だけを見て判断するのは難しいでしょう。

 

その点ウーマシャンプーは全て天然由来の成分では配合されているため、頭皮の赤みや痒みがひどくなる可能性は極めて低いと言えます。

 

もちろん人によってはアレルギーなどでウーマシャンプーを使っても頭皮が赤くなる可能性はありますが、口コミを見る限りはごく一部なので気になるようなら使ってみたほうが良いでしょう。

 

ウーマシャンプーにはお試し版はありませんが、定期購入コースで申し込めば30日間の全額返金保証がついてきます。

 

ウーマシャンプーの口コミや評価、さらには具体的な効果や格安情報は下記リンク先から確認できますので、興味がありましたら一度確認してみてください。

 

 

 

 

>>ウーマシャンプー